口座引落システム

口座引落データを銀行毎に作成
顧客大臣との連携で、引落・入金データの連携が行え二重入力を防ぐ

概要

授業料の引落・会費の引落等々、銀行毎に引落データを作成します。
データに親コードを登録しておくことにより、親でまとめて引落データを作成します。
銀行から返却された引落結果を取込み、入金データを作成することが可能です。
その時のデータは子毎に個々に作成されます。

主な機能と特徴


  1. 特徴1 まとめデータの作成
  2. 親でまとめて引落データを作成できます。親の前には「*」がつきます。

  3. 特徴2 項目での検索
  4. 引落会員No.で並び替えはもちろん、会員名、引落会員No.口座引落名で検索も可能です。

  5. 特徴3 個々の引落データの修正
  6. 今月はAさんの引落データは作成しないなどの対応が可能です。(修正は、口座引落システムの中のみ)

  7. 特徴4 FD以外の一覧出力が可能
  8. 一覧出力が可能です。

    別途費用がかかりますが、カスタマイズも可能です。お問い合せください。

パンフレット


口座引落システム